GW旅行レポート 前編

2010.05.11.Tue.15:45
前回の記事に、たくさん拍手いただいてありがとうございました(*^-^*)

コメントもとっても嬉しかったです♪

楽しんでいただけたようで、好奇の目にさらされる恥ずかしさに耐えた甲斐がありました(^-^;



さて、今回は、もう一週間過ぎちゃいましたが、

GWの5月2、3日の一泊旅行のレポートです♪



DSCN6846-s1.jpg

こぐま:「初めてのバスツアー、ワクワクします♪」

結婚してから、旅行はいつも自分たちで行っていましたが、

今回初めてバスツアーに参加しました。


トドンナ夫婦が初めてなので、当然団員たちも初めて。


行き先は、立山黒部アルペンルートです。

前回の旅行が、一昨年の富山だったので、二度続けて富山旅行です(^ー^)


GW真っ只中なので、かなりの渋滞に巻き込まれるのを覚悟で参加しました。


本来なら、東海北陸自動車道を北上するのが近いんですが、

この高速が大渋滞だということで、遠回りになりますが、

北陸道を走っていくことになりました。



DSCN6848-s1.jpg

北陸道を走ったことで、予定外の日本海を見ることができました☆



DSCN6849-s1.jpg

途中のSAで、富山名物の白えびを使ったお団子をまくまく。

残念ながら、あまり白えびを感じられず、普通のお団子でした(^-^;


あ、黄くんとだいだいちゃんのマフラーは目的地の気温に合わせたからですが、

下界では暑そうで、ちょっとかわいそうだったかも(^-^;



DSCN6850-s1.jpg

赤くんとももちゃんが嬉しそうに見つめているのは、昼食のお弁当。

ツアー料金に含まれていて、あまり期待していなかったんですが、割と美味しかったです♪



DSCN6852-s1.jpg

SAでクマのキットカットを発見♪

個包装にもクマの顔があってかわいかったです。


肝心のお味は…と~っても甘かったです(^-^;

そして、子供用風邪シロップのような、薬っぽい味もしました。

パッケージはかわいいけど、二回目はないです( ̄ー ̄;



DSCN6854-s1.jpg

長い時間バスに揺られ、ようやく黒部峡谷鉄道の宇奈月駅に到着。


黒部峡谷は、日本有数の険しさを誇る北アルプスの、日本一深いV字峡谷、だそうです。



DSCN6856-s1.jpg

楽しみにしていたトロッコ電車の旅が始まります♪

このトロッコは、元々水力発電の開発の際、資材運搬に使われていたものです。



DSCN6859-s1.jpg

座席は一番安い席で、背もたれのない4人がけのベンチで、かなり窮屈でした(^-^;


座った席が山側だったため、良い写真が撮れず、

帰りに川側の席に座れることを期待して、行きの写真はあきらめました。



窮屈な座席で、腹筋と背筋を鍛えながら、景色を楽しむこと約1時間。



DSCN6876-s1.jpg

ようやく、目的地の鐘釣駅に到着☆



この駅近くには、夏でもとけ残っている万年雪が見られるということで、

期待してそのスポットへ向かったのですが…



DSCN6875-s1.jpg

みどり:「雪って、どこ??」
青:「あの対岸の、白っぽいところかなぁ??」


青くんの言うとおり、白っぽいところなんですが、

トドンナは、もっときれいな雪を想像していたので、

土砂がかぶって汚れていたのでガッカリでした…。


残念雪…」と名付けて、その場を早々に去りました( ̄ー ̄;



DSCN6877-s1.jpg

ホームの脇では、黒部の名水を飲むことができます。

空になったペットボトルに入れて飲みました。

癖のない飲みやすい水でしたよ(^ー^)



間もなく、宇奈月駅へ戻る電車の時間に。



DSCN6886-s1.jpg

帰りは川側の席に座ることができ、景色を十分楽しめました♪


最初、こぐまくんはトドンナに握られ、写真を撮られていましたが、

落っこちないかと大道具さんがとっても心配するので、

リュックから首だけ出していくことに(^-^;



DSCN6888-s1.jpg

川だけでなく、木々の緑も間近で楽しめます。


電車のスピードは速くないので、背の低い山菜などを目で確認することもできました。



DSCN6896-s1.jpg

ダム湖の上に、手すりのない細い吊り橋が架かっています。



DSCN6897-s1.jpg

これ、猿専用吊り橋なんです。

運が良ければ、おサルさんが渡っているところが見られるそうですよ。


残念ながら、吊り橋の上の猿は見られませんでしたが、

電車に乗っている間、行きも帰りも、山側と川側で猿を見ることができました。



DSCN6898-s1.jpg

トロッコはこんな感じでとっても小さくて、

テーマパークのアトラクションの乗り物に乗っているような気分でした(^m^フフフ



DSCN6899-s1.jpg

ダム湖の色がエメラルドグリーンで、湖面が思った以上に静かで神秘的でした。



DSCN6902-s1.jpg

この建物は、新柳河原発電所。

お城みたいですね☆



こうして、黒部峡谷のトロッコ電車の旅が終わりました。



乗っている間、音声ガイドが流れているんですが、

富山出身の女優、室井滋さんによるものでした。



今後行かれる予定の方、行きは進行方向向かって右側、

帰りは向かって左側に座れば、景色を満喫できますよ☆



この後、この日泊まる宿へ向かいました。



DSCN6906-s1.jpg

主にスキー客向けのペンションで、トドンナたちの部屋はこじんまりした和室。



DSCN6907-s1.jpg

今回連れて行った団員みんな揃って記念撮影♪


トドンナのリュックは、ほとんど団員たちでいっぱいになっちゃいました(^0^;

今回は、知らない人たちと一緒のツアーなので、これでも控えめに選抜したほうなのです(^-^;


分かりづらいですが、窓の向こうには雪山が見えました。



DSCN6909-s1.jpg

夕食は、想像したより盛りだくさん♪


すごいご馳走というわけではないのですが、どれも味付けが良く、

美味しくいただきました(*^-^*)


嬉しかったのは、トドンナの大好きな山菜のこごみ(ピングーの前)があったこと♪


この他に、おそばと、デザートにりんごのゼリーが付きました。



食事を終え、部屋に戻る時、フロントで目に入ったのが、



DSCN6912-s1.jpg

たくさんの呼び鈴!

宿の名前が「ホテル・ベルハート」なので、それにちなんで集まったようです。


ムーミンのニョロニョロのベルがかわいかったです♪


奥のカラフルなベルは、音階別になっていて、順に押すと、

ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド~と鳴って楽しかったです(*^-^*)



この後、部屋でTVを見ながらゴロゴロして、お風呂に入ってから就寝。



長時間のバス、窮屈なトロッコで体は疲れましたが、

普段見ることができない自然を間近で堪能して満足した一日目が終わりました。



次回は、二日目のレポートをお届けします☆


今回コメント欄はお休みで、次回お待ちしています(*^-^*)





ではでは、ごきげんよ~♪

 
スポンサーサイト