うってかわって貸切

2011.09.07.Wed.18:08
前回の記事のトリックアート展が満喫できずがっかりだったので、

昨日の別の場所のトリックアート展には期待を膨らませていました♪


こちらは、名古屋市港区のとあるショッピングセンターで現在開催中。


テーマは古代エジプトです。



DSCN8798-s1.jpg

リーダー:「ひぇ~!! つぶされちゃう~!!!」

こちらでもリーダー、大ピ~ンチ!!


前回の、デパートのと違い、こちらはトドンナたち以外はだれもおらず貸切o(*^O^*)o


夏休みも終わった平日の朝一だったことと、街の中心地ではないことが空いてた理由かな?



DSCN8778-s1.jpg

リーダー:「あ、こんなところに千円が♪」

リーダー、千円に目がくらんで、足を踏み外さないようにね(^O^;



今回は赤くんも一緒♪



DSCN8790-s1.jpg

赤:「すごく奥行きを感じる絵だねぇ」



DSCN8791-s1.jpg

赤:「あれ!? こっちから見ると絵が違う??」


このトリックはご存知の方も多いかと思いますが…、



DSCN8792-s1.jpg

赤:「なるほど~☆」

前に出っ張った、立体に絵が描かれてるんですね~♪



DSCN8780-s1.jpg

リーダー:「余(よ)はささって王国のファラオじゃ~!」

リーダー、すっかり古代エジプトの王様気取り(^m^プププ


この仕かけ、背景が隠れるような、額の内側と同じ赤色のカーテンが

後ろにあればなおイイのになぁ…。



こぐまくんも一緒ですよ☆



DSCN8783-s1.jpg

こぐま:「こっちから見ると、お姉さんと目が合いますよ」



DSCN8784-s1.jpg

こぐま:「あれれ!? こっちから見ても、お姉さんに見られてる!!」


こちらのトリックは、赤くんが見たものと逆で…、



DSCN8793-s1.jpg

顔の部分がくぼんでるんですね~!

(※他の展示が反射して写り込んで、見にくくてごめんなさい…)



あ、リーダーとこぐまくん、天まで続く階段を発見♪



DSCN8803-s1.jpg

リーダー:「よぉしっ! こぐまくん、一番上までのぼろーっ♪」
こぐま:「はいっ、リーダー、頑張りましょ~!」


落っこちたら奈落の底だから気を付けて!



あっ、リーダー危ないっ!!!



DSCN8788-s1.jpg

リーダー:「わぁーーっ!! 助けてぇーーーっ!!!」
こぐま:「リーダーーーーー!!!」



きゃーっ、リーダーがぁーーー:・。・゜゜・(≧◯≦)・゜゜・。・



DSCN8789-s1.jpg

こぐま:「リーダーの分まで、ぼく頑張るっ!!!」

こぐまくん、頑張って!


きっと、きっとリーダーは戻ってくるよ!



さて、そんな騒ぎは我関せず、の赤くんの目に入ったのは、



DSCN8795-s1.jpg

赤:「ナニナニ? 顔は何色って…左が青で、右が緑、だよね??」

うん、トドンナにもそう見えるよ。


手前のストライプのパネルを外してみると、



DSCN8796-s1.jpg

あれ!? どっちも同じ色!


目の錯覚で、色が違って見えるんですねぇ☆



あ、こぐまくん、階段の途中で心細くなったようで帰ってきちゃいました(^O^;



DSCN8786-s1.jpg

こぐま:「あっ!! 今度は大道具さんが危険です!!」

大道具さんが馬につぶされちゃう~っw(゚Д゚;;w


あ、こぐまくん、奥の人が弓でこっち狙ってるよ!


大道具さんは放っておいて逃げるよっ≡≡≡゛(ノ><)ゝ ヒィィィ
(↑ひどいヨメ^^;)


あ、リーダーが帰ってきた~っ\(*T▽T*)/ワーイ♪



DSCN8801-s1.jpg

リーダー:「ただいまぁ♪ ラクダさんに助けられましたぁ☆」

ラクダさん、ありがと~(*^O^*)


大道具さんも、間一髪助かって、無事みんなで会場を後にしました♪



…というわけで、他にだ~れもお客さんが来なかったので、

自由に、時間をかけて写真が撮れて遊び放題でした(^m^フフフ


実は、内容は前回の会場のほうがずっと良かったんですが、

これだけ好き勝手やらせてもらえたから、

規模の小ささ、数の少なさは目をつぶることにしました(^-^;





ではでは、ごきげんよ~♪


< さるぴょんさんへ >
 さぶちゃん、CSI見てるんだね☆
 それも気になるけど、トドンナはglee他の録画が溜まってて
 他のドラマは手が付けられな~い(^O^;

< だんご小隊長さんへ >
 すべすべまんじゅうコリちゃん、仲間が増えたようですよ(^m^フフフ
 ケンケンくんの名前、あの小説家のこと知ってる人少ないかなぁ、
 と思って、由来紹介しようか迷ってたんですよ(^-^;

 
 
スポンサーサイト