先生の個展

2011.09.23.Fri.11:53
みなさん、台風の被害はありませんでしたか?


上旬ののろのろ台風と正反対に、あっと言う間に駆け抜けた台風でしたが、

風が強くてあちこち被害が出てしまいましたね…。


幸いトドンナ家は無事でした。


上陸の前日、お隣名古屋市で水害があって心配してましたが、

21日はなんとか出かけることができ、予定通り大須演芸場へ行き、

初めて歌丸さんを見ることができました(^ー^)


もう一人楽しみだった笑福亭鶴光さんのお話もおもしろくて、

この日も楽しい時間を過ごせました♪



その3日前、先日話題にした、粘土の先生の個展へ行ってきました。



DSCN8818-s1.jpg

赤:「あ、先生ですね。 トドンナちゃんがお世話になってま~す☆」
先生:「いらっしゃい! ゆっくり見ていってね」



先生がモデルのお人形さんがお出迎えしてくれました(^m^フフフ



DSCN8825-s1.jpg

赤:「主役のまつがね先生ですね。 こんにちは~♪」
松兼先生:「はい、こんにちは。 まつがねじゃなくて、ま・つ・か・ねですよ」



赤くん、お名前間違えて失礼ですよ(^-^;



DSCN8829-s1.jpg

ちゃんと先生のプロフィールもありました♪


名前よく間違えられるようで、口ぐせも

「まつがねじゃありません、ま・つ・か・ね、です!」なんですね(^m^フフフ


松兼先生、考古学者だったんだぁ…。

なんとなく勝手に、国文学者辺りかな、なんて思ってました(^m^フフフ


先生だけでなく、周りの登場人物(ペット含む)の設定もしっかりあって驚き!



最初の2点のお人形のように、お人形単体で展示されているのかと思っていたら、

個展のタイトル「松兼先生の日常生活」の通り、



DSCN8827-s1.jpg

日常の風景がそのまま切り取られたように、

松兼先生の住む世界丸ごと展示されていました♪


ちなみにこちらは、お庭で動物たちにエサをやっているところ。



DSCN8821-s1.jpg

先生、助手の甘糟くんといい気分(^m^フフフ


甘糟くん、って聞き慣れない名前が気になって、それもまたおもしろいです☆



この他にもいろんな日常の風景があり、とっても楽しかったです(*^-^*)


反面、完成度の高さに圧倒されて、

自分にここまでできるだろうかとテンション下がりました( ̄△ ̄;


始めて数ヶ月の分際で、経験豊富な先生と比べる方が間違ってますが、

どうせやるなら極めたいですもんねp(^-^)q


というか、トドンナは、一生楽しめる何かを見付けたくてアレコレ手を出してるので、

目標が持てて、続ける意欲の湧く事でないとダメなんです。


ということは、この日はテンション下がったものの、そんな気分になるということは、

自分もそこまでできるようになりたいという意欲の裏返し、ということ?


そう思ったら、今はテンション下げてる場合じゃなくて、

とにかく作って、作って、経験を積むことがまず大事、と思い、

「頑張るざます~!!p(@`▽´@)q 」と、

テンションは一転のぼり調子です♪(←単純^m^プププ)



まずは、成形の済んだ、同時進行中の2体の色塗りを完成させねばっ!





ではでは、ごきげんよ~♪

 
スポンサーサイト