コメントについてのご案内

2012.01.26.Thu.14:06
先日から、ブログをちょっと変えたい、と言ってきましたが、

お届けする内容そのものはこれまで通りです。


コメントについて変えたかった、というか、

自分の中でルールを決めたい、とずっと思っていました。


一応ですが、考えがまとまりました。


 ◇ コメント欄を再開。(既に年明けから実施)

 ◇ 拍手ボタンからのコメントへのお返事はその専用欄で行う。


< お願い >

 非公開のコメントにお返事を希望される場合は
 通常のコメント欄にお願いします。
 
 拍手コメント欄ではお返事の機能がありません。


以上について、自分の思考の覚え書きとして、今回残そうと思います。


だらだらと長くなります(^-^;



~ 通常のコメント欄について ~


以前は、お返事が大幅に遅れる時期が続いて、心苦しかったので、

お待たせするくらいならコメント欄は閉じておいたほうが良い、と判断して、

しばらく閉じていました。


最近は、コメントいただいても、お返事できる時間と

気持ちのゆとりができてきたので、

コメント欄を再開させたいなぁ、と少し前から思っていて、

それで、キリの良い年明けから再開しています。


年明け一発目には、再開のことを記事の中ではお知らせしませんでした。


「『オープンしました』とわざわざお知らせすると、催促してるみたいになるから

お知らせせずに開けたら?」という大道具さんの意見を採用したんですが、

気付いてくれた方はコメント欄に、そうでない方は拍手コメント欄にいただくという、

ややこしい結果になったので、やっぱりちゃんとお知らせした方が良かったですね(^-^;


今まで狭く見づらい拍手コメント欄にたくさんコメントくださったみなさん、

ありがとうございました(*^-^*)


不自由な思いをさせてしまってごめんなさい(>_<;


これからはコメント欄に思う存分書き込んでやってクマさい(^m^フフフ


あ、これは決して催促ではございませんよっ(^O^;


なお、宣伝等の迷惑コメント対策のため、承認制は続行なのでご了承ください。



~ 拍手ボタンからのコメントについて ~


通常のコメント欄をずっと閉じている間に、

拍手ボタンからのコメント欄のほうに書き込んでくださる方が増え、

中には結構なボリュームを書いてくださる方もチラホラいらっしゃいました。


最初は、拍手コメントは読ませていただくだけで、

お返事は自分に義務付けないようにしていましたが、

ご質問があったり、せっかくたくさん書いてくださってると、

そのままにしておくのは気になってしまって、

それでもすべてにはお返事できませんでしたが

暫定的な処置として、その回以降の記事の最後に

「●●さんへ」と題して、お返事する形にしてきました。


でもそれだと、お返事が記事の一部のような形になってしまうので、

見栄え的に納得いかなくて、その形でのお返事はできれば避けたい、

という思いも同時にありました。


拍手コメントに対する専用のお返事欄があるんですが、

これまでは、画面上にどのように反映されるか分からなかったので、

そのような形をとっていました。


今さらですが、拍手コメントとそれに対する返事をテスト入力してみたところ、

返事は拍手コメントの下に表示されることが確認できました。


拍手ボタンを押せばそれを見ることができます。


コメント欄を再開しても、拍手コメントのほうにこっそりコメントしたいな、と

いう方もいらっしゃるかもしれません。


その方へは、今後は拍手コメント専用のお返事欄にて

お返事したいと思います。


ただ、こちらは内容によっては、読ませていただくのみになることも

あるかもしれないことをご了承くださいm(_ _)m



というわけで、コメント、拍手ボタンからのコメントについて、

基本的には以上のような形にしていけばいいかな、と思っています。



~ 拍手ボタンからいただく非公開コメントについて ~


長らく決めかねていたのが、拍手ボタンからいただく非公開コメントです。


拍手コメントが非公開の場合、専用のお返事欄がないんです。


この非公開に関しては、ず~っと考えてきました。


ただの恥ずかしがり屋さんならいいんですけど、

訳あってトドンナのブログでは名前を出せない、となると、

お返事の時に、その人だということが、他の第三者に分かるような

内容を書いてはいけないので、慎重に言葉を選ばなくちゃいけません。


よく考えたら、「非公開=知られたくない」が基本なような気もするので、

それなら、ありがたく読ませてもらうだけにしてお返事は必要ないのかなぁ?

とも思いました。


でも、お返事が必要そうな時(疑問のような、質問のような文章等)も

あったりして、それを考え出すと答えが出なかったんですよね(´~`;


今回、拍手コメントへの返事がどのように表示されるか確認し、

そこでの非公開コメントへの返事は機能的に不可能だと分かったので、

非公開の拍手コメントは読ませていただくのみ、と決めさせていただくことにします。


非公開コメントに返事をご希望の場合は、通常のコメント欄にお願いしますm(_ _)m


以上が、今回まとめたルールに至った経緯です。



この文を打ちながら、ずいぶん以前にも、

このことを「はっきり決めなくては」と思いつつ、

結局、考えも文章もまとまらなくて、記事にあげるのを断念し、

結果的にコメント再開の時機がずるずる延びた記憶がよみがえりました( ̄▽ ̄;


ちょっと気にし過ぎですかねぇ(;^O^A


アメト●●クの「気にしすぎ芸人」の回を思い出すなぁ…。
(知らない方ごめんなさい^^;)


でもね、数年ブログを続けている間に、

嫌な思いをしたことも何度かあったんですよ…。


そんな思いをもうしなくて済むように、

決め事はやっぱりあったほうがいい、という思いはずっとありました。


考えていてふと思い出したんですが、以前よそ様のブログで、

ブログのルールを自分なりに作り、

相手に迎合しないように決めてしまうと良い、的な内容がありました。


その時は、「そうだその通りだ! 自分のブログなのだから」と思ったのに、

結局ルールを決め切れなかったことを思い出しますねぇ(^-^;


一匹狼なのに八方美人、という厄介な性格のせいで、

考えがあっちこっちへ行き、結論がなかなか出ませんでした(^O^;



今回決めたルールを、初めてや久々の訪問者さんにも分かるように、

当分の間、毎回記事の最後に載せておこうと思います。



最後に再確認のため書き残しておきます。


コメントは大歓迎ですo(*^O^*)o


でも、決して催促はしません。


だから、特に常連の方、義務感は抱かないでクマさいね(*^(エ)^*)


お互い、気持ち良く「劇団☆ささって便り」を楽しみたいのです☆



そうだ、クマ写真が無いと寂しいので、



labelbox_20120126134933.jpg

冬のテレビ塔とクマの図(*^-^*)


寒かったけど、澄んだ青空がきれいでした。





ではでは、ごきげんよ~♪

 
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する